愛知大学

愛知大学 中部地方産業研究所

文字サイズ

ホーム > イベント : 講演会・シンポジウム

シンポジウム講演会

講演会・シンポジウム

最新情報

第1回中産研セミナー「豊橋帆前掛の新たな事業展開と継承」

日時 : 2017年07月29日(土)

【日時】2017年07月29日(土)13:30~16:00
【場所】愛知大学豊橋校舎 本館5階 第3・4会議室
【プログラム】
  講演①「豊橋帆前掛を世界へ-出合いと継承-」
       西村和弘氏(エニシング代表)
  講演②「沖縄県における事業引引継ぎの現状と課題」
       羽田晶年氏(沖縄県事業引継ぎセンター統括責任者)

0729帆前掛けセミナーチラシ.pdf

ページの頭へ戻る

第16回「地域・産業・大学」公開研究発表会

日時 : 2017年02月25日(土)

【日時】2017年02月25日(土)13:00~
【場所】愛知大学豊橋校舎 本館5階 第3・4会議室
【発表者】
  樋野芳雄(国際コミュニケーション学部教授・所員)
    「有機農業の展開と社会構想論」
  村松幸広(経営学部教授・所員)
    「アグリビジネスの新展開‐中部地域を中心とした農産物のブランド化とマーケティング戦略‐」
  飯塚隆藤(地域政策学部准教授・所員)
    「明治期河川舟運GISデータベースの構築とその活用‐天竜川流域を事例に‐」
  鄭 智允(地域政策学部准教授・所員)
    「政令市になった村の自治‐浜松市旧龍山村のむらづくり‐」
  黍嶋久好(研究員)
    「長野県根羽村の流域連携と地域内循環の村づくりに関する研究」
  天野武弘(研究員)
    「国内に現存する歴史的ガラ紡績機の実態」
  別所興一(客員所員)
    「地域文化誌『渥美半島の風』編集・刊行上の課題」
20170225.pdf

ページの頭へ戻る

公開シンポジウム「東三河の教師と子どもを育てる現場のいま-学校インターンシップによる教員養成と学校の変容の可能性」

日時 : 2016年11月12日(土)

【日時】2016年11月12日(土)13:00~16:00
【場所】愛知大学豊橋校舎 本館5階 第3・4会議室
【テーマ】東三河の教師と子どもを育てる現場のいま-学校インターンシップによる教員養成と学校の変容の可能性
【プログラム】
  司会・進行:竹田 聡(運営委員・地域政策学部教授)
  ①開会あいさつ 阿部 聖(中産研所長)
  ②報告
    「学校インターンシップの全国的状況と今後の動向」 加島大輔(文学部准教授)
    「インターンシップによる子供たちの学びへの影響」 前原裕樹(経営学部助教)
    「教職インターンシップに想いを寄せて」 金子 徹氏(豊橋市立つつじが丘小学校校長)
    「インターンシップ参加による自己変容-入職の前後を通じて」
                       竹内 宏氏(豊橋市立吉田方小学校教諭・愛知大学2014年卒業)
  ③パネルディスカッション
   [パネラー] 前原裕樹、金子 徹氏、竹内 宏氏
   [コーディネーター] 加島大輔

1112シンポチラシ(最終).pdf

ページの頭へ戻る

福島大学うつくしまふくしま未来支援センター名古屋シンポジウム「ほんとの空が戻る日まで」

日時 : 2016年03月05日(土)

【日時】2016年3月5日(土)13:00~17:30
【場所】愛知大学車道校舎 コンベンションホール
【テーマ】ほんとの空が戻る日まで-震災・原発事故から5年を迎える福島を考える-
【プログラム】
  Ⅰ部:鼎談「悲しみ乗り越え前に進むこども達、進めずにいる子ども達」
  Ⅱ部:福島の現状報告 ~復興を拓く<学び合うコミュニティ>の形成に向けて~
             原子力災害被災地の復興の課題~避難者・まちづくり・産業~
             放射能汚染からの食と農の再生を~5年間の挑戦と到達点~
             福島県における放射線(能)の現状
  Ⅲ部:パネルディスカッション「-震災・原発事故から5年を迎える福島を考える-」
【主催】福島大学・福島大学うつくしまふくしま未来支援センター
【共催】愛知大学・愛知大学中部地方産業研究所
※事前申込みが必要です。参加無料。申し込みは下記URLよりお願いいたします。
https://ws.formzu.net/fgen/S21174822/


福島大学うつくしまふくしま未来支援センターホームページにてお申込みもいただけます。
http://fure.net.fukushima-u.ac.jp/event/

Poster_Symposium20160305.jpg

ページの頭へ戻る

共同プロジェクト研究公開シンポジウム「震災復興でなぜ人々は苦しむのか」

日時 : 2015年12月19日(土)

【日時】2015年12月19日(土)13:00~16:00
【場所】愛知大学豊橋校舎 研究館1階 第1・2会議室
【テーマ】震災復興でなぜ人々は苦しむのか-東日本大震災の復興が生む新たな『災害』のすがた
【プログラム】
  ①開会挨拶 樋口義治(中部地方産業研究所所長)
  ②趣旨説明 鈴木 誠(地域政策学部教授)
  ③報告
    ・「岩手県気仙地域の復興と課題」 木下繁喜氏(東海新報社元取締役事業局長)
    ・「福島県浪江町からの避難生活が直面する課題」 原田雄一氏(浪江町商工会会長)
  ④シンポジウム
   [パネラー]木下繁喜氏(東海新報社元取締役事業局長)
         原田雄一氏(浪江町商工会会長)
         西堀喜久夫(地域政策学部教授)
   [コーディネーター]鈴木 誠(地域政策学部教授)

※下記URLの「イベント」にチラシを掲載しています。
http://www.aichi-u.ac.jp/

ページ
トップ